ジェルタイプと泡タイプの違い

炭酸パックであなたの肌もぷるぷるたまご肌!

自宅で簡単ホ−ムエステ×炭酸パックランキング×人気炭酸パックの口コミ・効果を比較!

2つのタイプの違い

肌力を底上げして、さまざまな肌の悩みを解消してくれる炭酸パック。いろいろなメーカーから販売されている炭酸パックですが、大きく分けてジェルタイプのものと泡タイプのものがあるようです。これらの2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

オススメはジェルタイプ

泡タイプの炭酸パックは洗顔料になっているものが多いようです。このタイプは二剤を混ぜるジェルタイプと違い、炭酸ガスを使用する直前に発生させるのではなく、すでに炭酸ガスが泡のなかに配合されています。

クレンジング後や朝の洗顔時に使用することで手軽に炭酸ガスの効果が期待できるので、忙しい時にはぴったりと言えるでしょう。放置時間も短いので、疲れて帰ってきた夜でもサッとケアすることができます。

泡タイプはパックというよりも、くすみや毛穴の汚れを取り除いてくれるソフトタイプのピーリングと考えたほうがいいかもしれません。 これに対してジェルタイプは直前にジェルと顆粒をまぜて炭酸ガスを発生させるので、より高い炭酸ガス効果が期待できます。

また、ジェルタイプの炭酸パックのなかには炭酸ガスの効果が3時間近く継続するものもあるので、顔のケアが終わった後、体に使えるものも。またジェルタイプは泡タイプと異なり、炭酸ガスの他にも有効成分を配合したものが多いため、より高い効果が期待できます。

このように考えると、効果の面ではジェルタイプに軍配があがりそう。時間があるときにはジェルタイプで、忙しいときは泡タイプと使いわけてみるのもいいのではないでしょうか。


Copyright (C)2013-2014 炭酸パック研究所 All Rights Reserved.